『ドラマより原作の方が面白い』という感想が散見された。

作家としてはとても嬉しいのだが、ドラマはその原作の看板を

背負っているので複雑な気持ちになる。

とは言え、言いたいことはよくわかる。

原作の世界観を壊さずに実写を盛り上げて欲しいと願っていた。

例えそれが思っていたものでなくとも、いい方向に

期待を裏切れば作家もファンも納得するのに

ちょっとそうじゃないから困惑する。

映像化が具体的になった際、自分はそういった多大な期待があったが、

ことごとく霧の中にいるような状態になった。

きっとファンの方々も似た気持ちに違いない。

まだ始まったばっかりでこんな後ろ向きなことを言っても始まらないが

再三再四、「面白くしていただけるのであれば」と折れてきた。

いじるだけいじって終わりではなくそう来たかと、作家も原作ファンも

唸るくらいのものをぜひ見せて欲しい。