昨今、漫画の作画はデジタルが主流になりつつあり

紙原稿は風前の灯火のように感じる。

斯くいう自分もいまだに紙原稿である。

(厳密にいうと色原稿と看板などの写植や回想などの加工はデジタル)

デジタルはベタ(黒く塗る)の塗りつぶしや修正、コマの拡大、コピーペースト、

ワクを引いたりするにはとっても便利で合理的であるけど、

スクリーントーンだけはデジタル処理された部分が印刷されたものを見ると

何だかのっぺりしていて味気なく感じている・・・


アナログで描く漫画はなんだかんだ道具に金がかかりすぎる。

だから初期投資に経費は掛かるが皆デジタルに移行するのはとっても納得できる。

毎回使うペン先も使い終わったら捨てるだけなのにとっても高い。

いつも100本まとめて購入しているが、Gぺんだと1本約64円、

丸ペンだと112円もする。

自分の場合、Gペンは1本の作品に4~6本、丸ペンは4~5本使う。

インクやカッターの刃も原稿を描く度消費される。

その中でもトーンは格段に経費が掛かる。

メーカーにもよるが自分が好んで使っているのは、ICスクリ-ン。

粘着力が程よく、薄さも好み。

1枚定価528円でショップによって430円前後で販売されているが

価格は昔から高かった。

ネットショップがなかった頃はわざわざ交通費を掛けて遠くの画材屋まで

買いに行かないとならなく、希望の番数が売り切れてなかったりすると

日を改めて買いに行かないとならなかった。

そして今よりもずっとパターンは少なく

アミと呼ばれるドットのシールぐらいしかなかった。

DSC_0331
〈分かりづらいがアミのトーン。自分は60~65を使用している〉



だから昔の作家は何でも手描きで点描やかけ網、かけ網の応用のもの

服の柄まで全て手描きだった。

DSC_0335
〈フリーハンドだがこんな感じで自分で描く〉


蛇足だがちょっと昔、子供のなりたいナンバーワン職業が漫画家という時代に

トーンはものすごい勢いで様々なパターンが横行しており、

車や教室、モブやビル群などなど使い勝手が困りそうなものから

花や柄物も多く見掛けるようになると、今まで手描きで効果や柄を描いていた

作家さん方が蛇蝎のようにこれを嫌い、これくらい描けと口にしていた。

昔はトーンを使わない事に美学的なとこがあり、何でも書くことが

当たり前の時代だった。

少年誌や少女誌は最たる例で白っぽかったり黒っぽかったり両極端だった。

トーンはPhotoshopのグレースケールのような存在なのでトーンを貼ることで

モノクロが中和される印象がある。質感がリアルになる。

自分はグラデーションや雲のトーンはとても重宝していて

とても便利と感じている。



話はさておき、トーンは1本の作画に何十枚も使う。

数えたことはないが、1枚1枚袋に入っておりそれが毎回ものすごい量出る。

使い残したものはトーンケースにそのまま保存しているが、

中には袋に戻している人もいる。

理由はシールなので衣服などから出る小さな繊維やトーンの削りカスの付着を

防ぐためだが、これが本当に厄介で、原稿に貼り終えた後にそれに気付くと

目立たぬ大きさなら無視するが色がついていたりすると気になるので

原稿からトーンを丁寧に途中まで剥がしその繊維を取ろうと苦心する。

しかしトーンの削りカスはきれいに取れたためしがなく汚れるので

私の場合最初から貼り直す。

この削りカスがめちゃくちゃ厄介な奴で、とても軽く簡単に空気中を舞うので

根拠はないが鼻炎の原因になっていると自分自身は考えてる。

その対策としてトーンは削ったらすぐさま練りケシで回収する。

また布の裁断のように必ず余るところが出てしまう。

端切れのように細かいところに使っても余ってしまう場合も多く

その際は捨てるしかない。

DSC_0327
〈捨てるトーン〉

ケチってまた使うかもしれないと台紙に貼り付けていても

結局使わない。

人によってはトーンの余りを出さないために台紙とトーンの間に原稿を挟んで

カッターでカットしている人もいるがそんな器用さは自分は持ち合わせていないし

原稿に余計なゴミでもついていればトーンに粘着することは必至で

合理的かもしれないが進んではやらない。

そして一番の困り事は細かいトーンカスがフローリングや

靴下の足の裏部分、スリッパなど気付かぬ内に貼り付いていることがよくある。

これがまたびっちりくっついてなかなか取れない。

腕にくっついている時もあり気付かず外に出てしまうこともある。


使いもしないような効果や柄などのトーンを買ってしまいがちで

大体は使わずトーンケースで何年も眠っている。

DSC_0332

DSC_0333
〈こんな柄まで最近はある〉


トーンを駆使する人は重ね張りをする。

質感を出し奥行を出すために使用するが、

アミには線数と言うのがあって線数が合っていないと重ねた時に

モアレ(模様)が出来る。全くもって厄介極まりない。

う~ん。ここまで書いてトーンのイイ所がない・・・


〈結論〉

作家の手間を省くいい素材である。

また人物の周りにトーンを散らすことで感情が増幅され

相乗効果があるが、高価なのでケチって使いがち。

だからデジタルに乗り換える人がほとんど。



自分はペンタブも作画ソフトも持っているけど気後れしている理由は

アナログの方が断然速いから。それと前述のデジタルの

のっぺり感なんよねぇ・・・