実際に存在した人物や出来事を描くとき

小説や漫画では史実と異なる創作したストーリーが盛り込まれることがあるが

学習図鑑には、人物であればその人の生来の性質をなるべく史実や

日記から読み取り忠実に描こうとする。

シナリオも作画も目標は同じなのだが、なぜかシナリオは出来事には忠実なのに

キャラクターがこれじゃない感がままある。

主人公が例えば勝気な性格であれば、ボスキャラが目の前に現れ

「そこをどけ」と言われた後すごすご道を開けたりしないだろう。

私なら胡坐かいて「どかっ」と目の前に座るぐらいのキャラにする。

それが噛み合わないとセリフまでおかしくなるし

史実と違う人物にしか見えなくなってくる。

もっとこうすれば面白くなるのにっていう事がよくあるし、

自分ならこの部分よりこっちの部分が知りたいってなる。

折角シナリオがあるんだから素直に描きたいが、こうじゃないんだよなと思うと

とたんに描きたくなくなってしまう。自分が面白い方がペンは進む。

しかしあまり変えすぎてもシナリオ描いた人に悪いって思いがあり

全くネームが進まない。



余談だが、まあ、今だから言うが相棒のコミカライズは

1巻が初版はテレビ局が「原案」となっているが、

それ以降は「原作」となっている。

テレビ局側からの話では、杉下右京と割烹屋の女将のたまきが元夫婦であるが

着かず離れずしていて、薫と美和子は普通の同棲カップルで

そこはドラマ通り頼むよ、と言う約束で出版社からは漫画のストーリーは

ある程度いじって良しと言う話だった。

テレビの矛盾点は今のところおかしくないか?と疑問に思っても

多くの人はVTRに録って検証したりしないが、

漫画だと簡単に読み返しが出来てしまう。

そういう部分が矛盾しないように漫画では描く必要があったし

ドラマは連続した視覚からエピソードなり情報を流せば簡単に説明ができるが

漫画はそうはなかなかいかなかったりする。

セリフで説明する必要があったりする。

それで「原案」だったと思うのだが、

ある日脚本家サイドからあまりにもストーリーが

違い過ぎると「原案」を「原作」にしてくれと言うクレームがあり

2刷からは原作となった。

私から言わせてもらえば、ドラマと漫画が違い過ぎて嫌なら原案と言う説明の方が

よくね?と思うのだが、どうなのそれ。




自分も曲がりなりにも漫画家と名のる以上ストーリーやキャラは

作り、より面白い方に気持ちが傾くわけで今回の仕事で自分はやはり

シナリオのある仕事は性に合わない事がよくわかったよ、って話。

DSC_04596

DSC_0459

夢見12月7日まで見れるよ。