DSC_0818

取材ではない。リアル。北総のドクターヘリだ。

犬の散歩中、異常なほど低空で爆音を立てて飛ぶヘリに犬がおびえた。

見学している人が多くて訓練かと思った。

現に近くにいる人に聞いたら「訓練ですよー」と言っていた。

現場の目の前に消防署もあるし、以前消防に取材した時、北総との訓練もあると

聞いていたから疑わずにいたが、

周りを囲むブルーシートが出てきたり様子がおかしい。

近くにいた消防の人に「訓練ですか」と聞いてみたら

首を横に振り「本物です」と答えた。



以前、北総病院に取材に行った時、ドクターヘリの撮影もさせて貰える筈だったが

当日は急患が二件あり、一件はドクターカーの中で開胸する程の重症労災で

ヘリは現場に直行していた。

ドクターが装着しているボディーカメラや車内カメラでセンターでも状況が

把握できるようになっており、私たちも一部始終をモニターで通してみていた。

やがてヘリが現場を飛び立つと20分ほどでセンターに到着すると聞き

邪魔にならぬようストレチャーを押す医師や看護師に混ざりながら

フジテレビがドラマのために塗装したヘリポートへと向かう。

徐々に近づくヘリのプロペラ音。

患者が降ろされると絶え間なく胸骨圧迫が繰り返されていて

祈るような気持ちで見ているしかなかった。

この人がどうなったかはとても聞けなかったが、

朝、元気に家を出た人の日常が、もう二度と取り戻せなくなる事は誰にもあるのだと

この時思い知った。

また、二件目の急患も我々が取材中にホットラインが入り

センターにはドクターカーの出動指示が出ていた。

人身事故という情報は聞いていたが、取材帰り、

電車の遅延がある旨を構内放送で聞いた時は「さっきのだ」という

急に現実を突きつけられた様でざわざわと鳥肌が立った。

そんなことを思い出しながら、公園から爆音を立て飛び立つヘリを見送った。

どうか無事でありますように。

そして今日という日を精一杯生きようと思う。

IMG_0180 (2020_02_20 05_23_56 UTC)
取材時のドクターヘリ。

DSC_0816
銀杏がたくさん落ちてたよ。

あー早くネーム終わらせないと🥺