こやすのうつぼの思う壺

今日一日の自己満足を綴るブログ

カテゴリ: 医療こと

  
   ━━━あれは、忘れもしない2012年8月17日のことだ━━━

その年の4月に「相棒」の連載も終わり、

6月から「病室で念仏を唱えないでください」を描き始めた頃だった。

アシスタントには来てもらっていたが、

事務所として使っていた部屋は一旦解約することにした。


 その前々日の15日、私はレンターカーを借りて不要となったデスクや椅子

照明など家電の片付けにひとり事務所へ向かった。

空はペンキで塗り潰したかのように碧く、真夏の暑さを助長するように

入道雲がいくつも連なっていた。

連日の猛暑で、熱中症で亡くなった人の報道ばかり続いた。

仕事部屋の3台あったエアコンは事前に取り外されていたため

蒸し風呂と化した部屋の中、汗でぐっしょりとまとわりつく服のまま

階段を行ったり来たりしながら荷物を車に積んでいった。

途中、お世話になった近隣の人たちと立ち話をしながらスポーツドリンクを

口にした。普段あまり汗をかかない人間だが玉のような汗がふき出す。

大した荷物ではないとタカを括っていたが、ワゴン車の荷台はあっという間に

いっぱいになり、その荷物を自宅でまた降ろすのかと暗い気持ちになった。

何だかんだ全てを終え、レンタカーを返しその帰路、アイスを買って帰り

すぐにシャワーを浴びた。

 翌日16日は、娘が帰省し17日には二泊三日で四国へ旅立つ予定だった。

飛行機の搭乗が朝早いため、犬たちを16日にペットホテルへと連れて行った。

バタバタとした二日間だったが「念仏」の執筆もありぎりぎりまで

ペンを走らせていた。

 ところが、午後10時を過ぎたあたりから右側腹が5分間隔ぐらいに

ちくっと痛みだした。わき腹が吊ったような差し込むような痛みだが

大した痛みではなく、気になる程度だった。

しかし、就寝につき徐々に痛みが憎悪、まさに七転八倒する痛みへと

変化していった。

 朝4時。脂汗は流れ、居てもたっても居られず

それは耐え難い激痛で、陣痛をも軽く凌駕する痛みだった。

その痛みに我慢し続けたが、痛みは増すばかりで一向に収まる

様子がなく部屋のドアを何とかこじ開け、

私は娘の名を振り絞るように呼んだのだった。
                       

<つづく>









豪傑・武蔵坊弁慶でも蹴られれば泣くと言う脛の別名『弁慶の泣き所』

何故かわからないが、そこに虫刺されがある。

非常にかゆい。

かゆいのだが、皮下に直ぐ脛骨(けいこつ)があってなんか掻きにくい上に

痛くはないんだがとても不快感がある。何と説明してよいかわからないので

ちょっと脛を掻いてみてほしい。

ね?なんか嫌でしょ・・・

以前に人体は膜で覆われているとブログで書いたが、

骨自体も骨膜と言う二層の膜に覆われていて骨の周りの組織から

隔離して保護したり、血管や神経の付着部としての働きなどがある。

骨膜は血管と神経に富んだ組織で尚且つ

脛はクッションとなる脂肪や筋肉が少なく直接、骨に伝わるから

ぶつけたりすると痛みを強く感じるらしい。

かくと不快なのもそのせいかもしれない。

DSC_0603

DSC_0601

DSC_0600


DSC_0604


ところでこの脛骨、触るとちょっとボコボコしていると思わない?

前からこんなボコボコしてたっけ?

もしかして下肢静脈瘤かもなんて心配になる。

レントゲンで見ても骨はそんなボコボコしていないのに何故なのか。

ネットで調べてみたら、これまた骨膜が関係していた。

自分は、歳のせいかここ最近、膝上ぐらいの高さの柵や台をまたいだり

乗り越える際、軸足じゃない方の足の脛をドア枠や窓枠にしこたま強打し

まさに弁慶の泣き所よろしく、のたうちまわるか

あまりの痛さに動けずにいるという事が増えてきた。

目測を誤るのは目の衰えと言うが、ぶつけた自分に一番腹が立つ。

そういった不注意や意図しない強打で骨膜が傷つき、前述通り

血管に富んだ骨膜と骨の間に血腫が出来、それが瘢痕組織として

残ってしまうのだそうだ。

小さい子供はもちろんつるつるの脛をしていると思うが、結構な大人で

つるつるな人は忍者のような機敏な動きをしているに違いない。

脛は鍛えようがないもんね。



ちなみに昔、脛は「むかはぎ(向か脛)」と呼ばれていたそうだ。

「ふくらはぎ(脹脛)」の向こう側(反対側)から「むこうずね(向う脛)」と

呼ばれるようになったらしい。


結果 とにかく脛は虫に刺されないよう注意しよ。















更新頻度を上げようと心の中では思っているのだが

文才もなければ気の利いた語彙もなく、またネタもなく・・・

こんな拙い文章にも更新するたび2、3時間ほど費やすので

ついついブログから遠のいてしまう。

毎日アップする人を尊敬する。



さて、そろそろ本題を。

よく漫画やドラマで「刑事コロンボ」とか「検事・霞夕子」とか「弁護士 灰島秀樹」とか

タイトルに職業と名前のコラボは多々ある。

誰が主人公の話なのかどんな職業なのか単純明快、一目瞭然である。

そして医療物も然り。

「Dr.〇〇」「ドクター〇〇」も非常に多い。

で、今やっている「ドクターX」

この場合、たぶんXは人を指しているんだろうと推測する。

見ていないからわからないが、米倉涼子さん扮する役の事だろう。

そもそも最近ドラマは全く見ていない。あ、全くじゃないな

「科捜研の女」は時間がある時は見てる。

一話完結で見逃しても話は、まぁついていける。

「直虎」は何だか途中で見るのやめちゃったな。



で、ドクターXなのだが、少し前にネットでそのモデルとなった医師が

加藤友朗先生と知った。加藤先生は存じあげている。

集英社の女性誌で描かせていただいていた時、

案件で一話、加藤先生の読み切りを描かせてもらった。

当時はフロリダのマイアミ大学でアソシエートプロフェッサーをされており

移植医だ。


日本では15歳未満の子供からの臓器提供は、

臓器移植法の改正で2010年に可能になったが、

まだ当時は改正前で移植が必要な子供は、子供の臓器提供が可能な

海外に渡航し手術をしなければならなかった。

そのため莫大な費用が掛かるので、寄付に頼った。

現在は日本も15歳未満の子からの移植が可能になったが、

臓器提供者はごくわずかしかない。

いまだに臓器は外国に頼っているのが現状だ。

この事に関しては以前、北総病院の先生方に伺ったことがあったが、

あまり明確な答えは返ってこなかった。

私自身も「念仏」を描くずーーっと以前から疑問があり、

いまだ正解にたどり着けていない。

念仏でも必ず描く予定でいる。


よこ道にそれたが、そんな海外で移植が必要な子にとっての

救世主が加藤先生だった。

拠点はマイアミだが、一度、日本に講演やオペで帰国された合間に

お会いした事があり

その際、写真資料を見せてもらったり大変貴重な話を伺う事が出来た。

経歴も、東大の理科Ⅱ類を卒業したがやっぱ違うとなり

Ⅲ類を受け直して医師となったすごい方だ。

当時からよくメディアにも出られていたが、背も高くイケメンである。

天から二物も三物も与えられて実に羨ましい。

しかしその加藤先生がドクターXのモデルとういうのが想像できなかった。

アルバイト医師がブラックジャックの様に法外な金で手術をする話でしょ?

知らんけど。

あれかな、孤高の一匹狼的な医師、みたいな感じ?

フリーで医師やる人は、医局から追いやられて変わり者が多い

って言うのを聞いたことがあるけど加藤先生はそんなんじゃないなー

外科医独特のなんていうか、言い方は変かもしれないが

職人気質なのはとても感じた。

取材でいろいろな医師の方々にお会いしたが、

外科医だけはホント特別な印象を受ける。

それがどんな印象かって言うのは誤解を招きそうなので控える事にする。

そうそう、お医者さんに質問取材すると必ず同じ言葉が返って来る。

何だと思う?





答えは「医者はスーパーマンじゃない」






わかってますって。わかってて質問するんですよ、漫画ですから。

普通じゃ面白くないじゃないですか!

こういう風にはならんかな、って言う素人の考えですから、

でもそこは失礼の無いよう多少勉強していくんです。

なんで、そこを膨らまして尾ひれはひれをつけて下さると幸いです。



ま、シーズン中に一話くらいは見ておくかドクターX。

あ、相棒も見てないや・・・


DSC_0276
「移植病棟24時」の刷り出し。
単行本にならなかった奴は、HPに載せたいなー、何とかならんかなー




_20171129_165319














「長い」と言えば校長先生の話、長いよね?

ピカソの本名も相当長い。

あとお爺ちゃんの耳毛もまあまあ長いよね。

しかし私が常日頃長いと感じているのは、医療用語である。

ネームや下描きの際、セリフを足したり削ったり直したりする時にこの長い医療用語が

入っていたりするとその都度書き直さねばならないので「あ″あ″ッ!!」ってなる。

例を書き出すと


・大動脈内バルーンパンピング

・経皮的心肺補助装置

経皮的動脈血酸素飽和度

播種性血管内凝固症候群

・全身性炎症反応症候群

などなど

更に「急性」「慢性」などの形容詞が付くことで

・急性広範性肺血栓塞栓症

・破裂性腹部大動脈瘤

など、こうしてキーボードで打っても一発変換されない上に

自分が読者なら途中で読むのを諦めるくらい長い。

ちなみにメールでよく医療用語を打つため、「石」を打つと予測変換は

「医師」が必ず頭に来るし、「志望」も「死亡」が出ていらいらする。



医療者は便宜上、英語の頭文字をとった略語を使っている。

播種性血管内凝固症候群ならば英語でDisseminated Intravascular CoagulationなのでDIC。

病名などは口頭で患者やその家族に伝えるのにこんなに長くては

伝わらない気がするがどうなのか。

以前、自分は不整脈が気になって病院で心電図やエコー、トレッドミルやホルタ―心電図などの

検査を受けた。

結果は「心室期外収縮」だったのだが、先生に病名を聞いても「しゅーしゅー」言って聞き取れず、

メモに書いてもらいようやく理解するという事があった。

代表的な誰も知っているような、手足口病とか虫垂炎(盲腸)とかは部位を示していて

とっても解りやすい。

そもそも新しい病名って誰が付けるのか調べてみたらどうやらそれぞれの学会が決めるらしい。


少し話はそれるが、以前取材でお世話になったドクターに現場で使われる医療用語は

何語が多いか聞いてみたことがあった。

昔はドイツ語、ラテン語が多かったが、英語が多いと思いきや今は日本語だと言う。



う~ん・・・念仏はまだもう少し続くと思うが、この医療用語、何度も書き直さずに

行かないものか・・・


それにしてもタイトルは短かったな・・・







人体は膜で出来ている・・・

と言うのをどこかで読んだが、人体解剖学の本を見ると本当にそうだなって思う。

腹膜とか髄膜とか心膜とか筋膜とか・・・いろんな膜に臓器が収まっている。

その膜の中で血管が破綻したりするからいろいろ大変。

膜内の圧が高まって組織が壊死したりする。

心臓と心膜の間には動きをスムーズにするためのサラサラした漿液(しょうえき)という

液があるらしい。車のハンドルのグリスみたいなものだね。

これだけでカタクリを水に溶いた感じかなぐらいの想像はするが、ネットで画像を調べたりしなければ

想像の域を超えない。

こんな感じで医療漫画を描いてる。

そもそも人体にメスなど入れたことがなので感覚がわからない。

『鶏もも肉を切る感じかな』そんな想像をする。

それから匂い。

電メスで切る時とかオペ中はいろんな匂いがしそう。

・・・なんだか書いていて気持ち悪くなってきた。


こうした経験がない事を想像で描くのは本当に大変。


もっとも大変なのはどんな人がどんな疾患になるかっていう、話作りなのだけれど

そこはきりがないので止めておく。


そして医療機器を描く事がこれまた大変。

処置室だけでも処置ベッドの周りにはたくさんの医療機器や資材が並ぶ。

除細動は当たり前。生体モニター、人工呼吸器、輸液ポンプやシリンジポンプ

施設によっては初療室に麻酔器があったりする。端の方にはポータブルレントゲンや

エコー、薬剤や様々な用途のチューブがあったり・・・そりゃもうごちゃっとしている。

現在はアシスタントを遣っていないが、アシスタントがいた頃は、

ベッドサイドの医療機器をどこに何を置くか説明するだけで毎回1時間かかっていた。

まだ自分や家族の入院経験のある子はいいが、経験がないと資料を見せても

描けなかったりする。

尿バッグって何?ってなるので動けない人におしっこの管を入れるんだよと言う説明をしないとならない。


また資料に使う医療の本がこれまた高い。

家にある一番高い本は4万する。1冊1万なんてザラ。安くても3800円とか。

そんな医療関連の本がたぶん100冊近くある。

そして医療は日進月歩。新しいガイドラインや新しい治療法が出来てすぐ使い物にならなくなる。

さらには漫画が終われば無用の長物だ・・・



くそぉー!原稿料あげてくれッ!!!!













このページのトップヘ