昨日、「ねこぽす投函完了のお知らせ」なるメールが届いた。

ああ、そうだ。ヤマトさんのポイントで軍手交換したんだっけ・・・

と、夜中の12時近く家のポストを見に行く。

するとお向かいのお宅の車庫前でうずくまっている白い物体が2つ・・・

以前ハクビシンを見かけたのでまたハクビシンかと思いきや案外体が小さい。

近づくと『シャーッ!!』の威嚇で猫と気付く。

1匹は子猫、もう1匹は子猫よりは体の大きい猫。でも親猫じゃなさそう。

そう言えば犬用に湯がいたささ身があったはず、と思い

冷蔵庫まで取りに行く。

その様子を窓辺で見ていたうちの犬が夜中にもかかわらず吠えるので

コラッと一喝。

私は犬よりも猫派。ただ大人になって発症した猫アレルギーがあって飼えないでいる。

犬よりも猫の方が飼いやすいのは良く知っている。


シャーシャー言っている猫に小さくちぎったささ身を放る。

子猫はすぐに寄ってきた。もう1匹も放ると食べる。

道路は夜中飛ばすタクシーが多いので、家の車庫まで誘導。

ささ身2本をガツガツ食べた。子猫の方はずっとナデナデできた。かわいい。

保護したいなと強く思ったが少し大きい子の方は警戒心が強く、ひたすら猫パンチを

浴びせられて捕まえる自信がない。

しかも深夜。住宅密集地でぎゃーぎゃ鳴かれると困る。

原稿の締め切りが近いというのに洗濯ネットを用意したり段ボールで何とかならんか

画策しているとそのうち居なくなってしまった・・・

一応、玄関前に水や犬用のささ身のおやつをお肉の発泡トレーに入れて置いておいた。

今朝、犬がけたたましく啼くので猫が戻ってきたのかと思い、勢いよく玄関を開けるとそこには

ガスの検針員の方がびっくりしたように立っていた。

「おおお疲れ様です・・・あ、猫がき、昨日来てたので」と取り繕いそそくさと容器を回収。

「あ、ああ」と苦笑いの検針員。

玄関前に置いてある発砲トレーがさぞかし謎だったことだろう。


ほんのわずかではあったが黒猫が連れて来た出会いだった。

DSC_0132

ヤマトさんいつもありがとう。








 おまけ
DSC_0133
 これも以前貰ったもの