こやすのうつぼの思う壺

今日一日の自己満足を綴るブログ

カテゴリ: 季節

なかなか経験しない事の一つに1月2日の一般参賀ってあると思う。

テレビのニュース映像で見る人がほとんどだろう。

今年の一般参賀は平成最後とあって15万人越えで

過去最多となったらしい。


日本の人口126,529,100人(平成30年7月の統計)の中に

どれだけの人が一般参賀で皇居を訪れたことがあるのだろう。



自分は平成27年の一般参賀に初めて参加した。

不敬と思われそうだが、この時マンガ日本の歴史を描いており

江戸城の写真資料が欲しかった。

ちょうど年末の時期でそれほど遠くないし皇居に写真を撮りに

行こうと思っていたのだが、あ、そうだ一般参賀に行って

みたいなとこの時思い立ち初めて皇居に足を運んだ。

皇居の周辺は警視庁を何度も写真を撮りに行ってるのでよく歩いたが

皇室入門と言う本を描かせていただきながら本当に

失礼極まりないのだが実際足を踏み入れるのは初めてだった。

お出まし時間は5回あるが、幾分早くに終わってしまうので

早めに家を出ないとならない。

自転車で駅まで行き、駐輪場の監視員の方に行ってらっしゃいと

見送られて改札に向かった。

IMG_0215


まず東京駅から人の波がずーっと皇居に向かって続いており

混雑が予想された。

途中、紙でできた日章旗をもらい、皇居前広場で

警察による手荷物検査とボディチェックを受ける。

ここから皇居正門に入り二重橋を通り皇居宮殿と向かうのだが

とにかく人が多い。

その中でもとりわけ目立つのが外人である。

他国の人間が日本の皇室に興味を持ち、

天皇陛下の新年を祝うお言葉を聞きに

わざわざこの地を訪れてくれることは、日本人として

とても誇らしいのだが、いかんせん声は大きいしタッパはあるし

目の前に立たれると背伸びをしたとて眼前に外人の後頭部しか

見る事が出来きず非常に腹立たしかった。

あと「ひゅーひゅー」とはやし立てノリが軽すぎで文化の違い

なんだろうから仕方がないがなんかちょっと嫌だった。

言いたかないが、郷に入っては郷に従えと言うではないか。

入るまでが長かったが、天皇ご一家のお目見えとお言葉は

本当に一瞬だった。

IMG_0234


外には皇室土産やカレンダーなどが売っていて

ライブの物販みたいだった。

その後写真を撮りながら、帰ったのだが

その後の回を見に来たという御婦人に皇居正門の道を聞かれ、

はるばる遠くから人生で1度、この日の為に来たという

言葉を聞いて改めて日本人で良かったと

晴れやかな気持ちになった。



地元に帰ってきてから駐輪場の監視員さんに覚えられていて

早かったねと声を掛けられ

銀座まで出てお茶しようとしたが何処も混んでいて入れず

帰った来たとしばらく立ち話。

実はその人、昔警視庁に勤務していて、よく一般参賀で皇居の警備を

していたのだと話していた。



その日のニュースで今年の一般参賀は平成で2番目の人出だったと

言っていたが、翌年記録は塗り替えられ毎年更新していった。



人生に1度は行ってみるのもいいかもしれない。



















_20180321_144243

エタノールは冬の間、風邪やインフルがあるので必要不可欠な物なのだが

定規についた消しゴムの痕とかカピカピになったインクはティッシュに

吹き付けて擦るときれいに落ちるので通年で必需品。

家具についた洗剤でも落ちないしつこいセロハンテープや

シールの糊とかも吹き付けてヘラとかで擦るときれいに落ちる。

ただし、定規は目盛が消えちゃうしプラスチックのレンズ製品には

絶対使わない方がいい。

気をつけないといけない素材もあるので、家具は目立たない箇所で試してみるとか

やられる時は自己責任で。

エタノールの使用上の注意をよくお読みになってご使用を。








このページのトップヘ