こやすのうつぼの思う壺

今日一日の自己満足を綴るブログ

タグ:FF7リメイク

FF7リメイクの話。


FF7リメイクをやった人ならご存じかと思うが、

ゲームクリア後、レベルはそのままでチャプター毎にゲームが

出来る仕組みになっており

サブクエストのやり残し等のやり込み要素がある。

チャドリーのバトルレポートもその一つ。

リヴァイアサンやバハムートの召喚マテリアを手に入れたいのなら

このバトルレポートをクリアしないとならない。

そこで手っ取り早いのが神羅バトルシュミレーター(仮想戦闘システム)

なのだが難易度hardの敵がめちゃくちゃ強い。

マテリアのレベルと組み合わせを厳選し駆使しないとならないのだが

アイテムは使えないし未だにクラウドしかクリア出来ていない。

以前ブログ記事にしたゼル伝のDLC「剣の試練」どころではない。

あっという間にやられてしまう。

しかし気分がムシャクシャした時にここでストレスを発散するには最適だ。



ところでこのFF7リメイク、初見にはストーリー的に理解できない部分が

多々ある。

最終的に真の敵が神羅ではないことは解るのだが、

会話を飛ばさずに隅々まで

聞いていないとアバランチと言う反神羅組織の一員であるバレット達が

なぜアバランチに頭を下げて救出を頼まないとならないのか

よく理解できていなかった。

セフィロスの存在はもっと解りづらい。

唐突にクラウドが頭を抱えて回想するのだが、

その中にセフィロスが度々登場する。

セフィロスの説明は何もされていないので混乱する。

それとザックス。

もう終盤、いや、恐らくクラウドの回想で顔の見えないソルジャーが幾度か

出てくるのだが、誰なん?ってなる。



それを解消してくれるのが、FF7の外伝的なゲームの

「クライシス・コア(CC)FFⅦ」だった。

言ってしまえばザックスが主人公のスピンオフのゲーム。

しかしこのゲーム、ゲームハードがPSP・・・・・・持ってねぇー

仕方なしにYoutubeで探したら、イベントムービーあったぁー。

もう金曜ロードショーの放映が「バックトゥザ・フューチャー」で見たさあるけど

それどころではない。



何で何で!ザックス恰好いいし、いかすやん!

エアリスは断然リメイクの方が可愛いけど、レノとかCCの方がカッコイイ。

セフィロスの描き方もこちらの方がわかり易いし、

人間味があってまだ共感が持てる。

最期はとっても悲しい話なのだが、

その終わり方がFF7リメイクの冒頭に繋がるとようやく腑に落ちた。

クラウドは魔晄中毒者だったんやね。理解した。

一つ難を言えば、ジェネシスの中二病的なセリフが鬱陶しいくらいだ。

ジェネシスの声優、GACKTっぽいなって思っていたら本当にGACKTで草。

これはクライシスコアのリメイクを激しく望まずにはいられない。



とは言っても未だに謎なのは、クラウド達とあの二人が

通り過ぎるところは理解できない。

運命が変わってしまったからなのか?過去と未来を比喩してるのか?

バレットの娘マリンが「あのね、あのお姉ちゃんね・・・」って

言い残した言葉も気になるところ。

続編楽しみだけど、レノ役の藤原啓治さんが亡くなったのは、

個人的にものすごく残念。

FINAL FANTASY VII REMAKE_20200519221454

FINAL FANTASY VII REMAKE_20200511223507

あつ森の感想も近々アップする。




ストーカーがブログにも引っついているのが分かったので

身近な事が書きづらくなった。ゲーム寄りの話題で申し訳ない。

本当に迷惑だ。

そこの蝶のタトゥを入れてるあなただよ。



増刊の原稿が遅れに遅れ先週ようやく脱稿。

コロナの影響で出版社でも感染者が出て編集さんたちは在宅勤務。

原稿はバイク便に託され、その後電話にて打ち合わせ。

バイク便を待つ間、ギリギリまでネームをいじっていたので

ブログ用のトビラ絵を撮るのをうっかり忘れてしまった。

10日近く、まともに寝ていなかったのでもう流石にヘロヘロで眠くて眠くて

仕方なかったが

ずーーっと買ったまま手を付けられなかったFINAL FANTASY VIIリメイクが

やりたくてやりたくて買い物行って急いでお風呂入って

ヘロヘロのままPS4の電源を入れた。

実はFFはⅢとⅣ以降やったことがない。

それ以前に自分はどちらかと言うとドラクエ信者だった。

あの当時のRPGと言えば謎を解きながらフィールドを彷徨って

コマンドで戦い方を選んで経験値とレベルを上げボス戦に挑むが、

謎解きが楽しいのであってアクション性は求めてなかったし、

現代のような技術はまだ無く画像も平面的で縦と横にしか動かず

おびただしい閃光や大迫力の爆発は起きず

それに合わせてコントローラーが振動することもなく

平和的に進めていくのが楽しみ方だった。

最近のゲームはオープンワールドは当たり前だし、アクションも複雑になり

FFも今はアクションアドベンチャーゲームと言うらしい。

そして何よりグラフィックが美しい。

FF7リメイクも描き込みがものすごい。

工場系やスチームパンクが大好きな人にはたまらないだろう。

あと音楽最高。サウンドトラック出たら買いたい。

ゲームは非常に親切で戦闘毎にHPを回復してくれたり、

行先も誘導してくれるし、ストーリーに沿って戦っていくと

それなりのレベルになっているし戦闘はめちゃくちゃ楽しい。

ストーリーも分岐はいくつかあるがエンディングに影響はなく進めてくれる。

ただ1つ難点がありバイオ同様、画面酔いが激しい。

設定を直してもウォールマーケットとかめちゃくちゃ酔うので行きたくない。

あと、魔晄炉で道に迷うとティファやバレットが一々口出し

してくるのはうるさい。

ミッドガルのハイウエイの最後の敵は苦戦した。

セフィロスでも死ななかったのにここでは何回も死んだ。

ここでもティファとバレットの声援がうるさく半ば心が折れかかったが、

死ぬ度に戦闘が優しくなっていくシステムになっていて必ずクリアはできる。



召喚マテリアもデブチョコボまでしか取っていないがリバイアサンや

バハムートまで取れるんかな。

とにかくあっという間に終わってしまったので

いつ出るのかわからないが早く続きがやりたい。

でも、まぁゼル伝は超えないかなー


頭の中もリセットされてすっきりしたわ。

FINAL FANTASY VII REMAKE_20200510142226

FINAL FANTASY VII REMAKE_20200510150158_1




スタヌが『ファイファン』って言ってたけど、やっぱFFって言うよね?


ファイナルファンタジーVII リメイク - PS4
スクウェア・エニックス
2020-04-10


















このページのトップヘ